槌尾より皆様へ

この度、松本・大楽と同じく私も退団することになりました。

まず、これまでお世話になったチーム、関係者の皆様、そしてなにより試合会場で声をかけてくださったり、SNS等で気にかけてくださったファンの皆様にお礼を申し上げます。

また、私の勝手な行動でご迷惑をおかけした方々に、この場を借りてお詫び申し上げます。

 

個人的に印象的な思い出は2つあり、ひとつは2018-19シーズンの2連勝です。とある事情からこのチームでは準備はしつつも選手としては一歩引いて裏方に徹していたのですが、その試合ではたまたま多くの出番を頂き、そこで2勝できたのはとても幸運でした。

もうひとつは、お金儲けや新規ファンの獲得を原則認められていないチーム事情の中で、応援してくださる方々向けに全振りした内輪ネタのTwitterやホームページ、ホームゲーム等を楽しんでくださる方が、決して多くはなかったかもしれませんが、いらっしゃったということです。(すべてはイジってもイジってもノーダメージの西片さんのおかげです。ありがとうございました笑)

何かを変えることはできなかったし、未来がないことは最初から分かっていましたが…無能は無能なりにできることをやりきったかなと思います。お付き合いいただき、本当にありがとうございました。

 

最後に、大変僭越ながらチームに残る選手やスタッフには、ファンの方々の優しい言葉に甘えることなく、この成績を恥じてほしいと思います。なぜ勝てないのか、なにが足りないのか、勝つにはどうしたらいいのか、人のせいにしたり仕方がないと諦めるのではなく、自問し続けて欲しいと願っています。

そしてもし応援してもらいたいのであれば、応援してくださいと言うだけではなく、行動を起こして欲しい。発信は大事ですが、綺麗事を言うだけでは応援してくれる人に充分に報いれていないのではないかと私は思います。(個人の感想です笑)

 

今後については未定ですが、こんな私がもし力になれるチームや組織があれば、お手伝いできればと思っています。音沙汰がなければ静かに余生を過ごしているということで…皆様もどうかお元気で。。

最後までお読み下さり、ありがとうございました。またどこかでお会いできる日を楽しみにしています。

いつか強く、愛されるスパークルを応援する日が来ることを願って
 #28 槌尾健